SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

店長の独り言

下岡精肉店の店長が独りごちる牛のこと、日常のこと・・・
<< 2月6日 | main | 昔、近所に住んでいたのに・・・ >>
神倉神社
0
    お灯祭りで有名な神倉神社ですが、
    あの急峻な石段と、松明に火を点けたた映像ばかりが有名で、
    神倉神社事態、どんな神社なのかがあまり知られていない気がします。

    って、私もんなに知らないのですが、
    先日、あらためて上ったとき、
    山門前の山側でこんな祠を発見しました。



    太鼓橋を渡った境内には、こんな石碑が。

    野口雨情と読めますねぇ。



    石段の一番下に建っている石碑の日付は


    明和元年って、西暦では何年?
     
    野口雨情は、明治の詩人で童謡作家。
    シャボン玉という童謡が有名な方です。
    が、その方がお灯祭りについての歌を残しているとは
    知りませんでした。

    また、明和元年は、調べましたところ
    西暦1764年で、今から約250年前の江戸時代。
    老中田沼意次とか伊能忠敬が生きていた時代ですねぇ。
    神倉神社の歴史から言えば、ほんの最近のことなのかも知れないですが、
    なんか、すげー。

     
    | ひとりごと | 15:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.kumanoushi.com/trackback/1436703