SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

店長の独り言

下岡精肉店の店長が独りごちる牛のこと、日常のこと・・・
<< どんど焼き | main | 神倉神社 >>
2月6日
0
    本日2月6日は、熊野地方に春を告げると言われている
    「お灯祭り」が執り行われる日です。

    写真は、解りづらいですが、
    祭りで、御神火を頂く松明です。
    神倉神社へ上る前に行う「三社参り」のとき、
    すれ違う上り子同士がこの松明を打ち合わせて
    「頼むでぇ〜!!」と、声を掛け合うのです。



    この松明に火が移されると、こんな感じになります。



    もう一枚
    (写真は去年か一昨年のものです)
    まさに、神倉神社山門内は火の海、炎の乱舞です。
    このお祭りの謂われは古く、
    初代の天皇である神武天皇が東征の折、
    松明を持って先導したというのが起源だと言われているので、
    神武天皇が天皇に就任する前ですから、
    紀元節よりもちょっと古い計算になります。
    神武天皇が天皇になった時が紀元元年のはず。

    ウチの親父が子供の頃、紀元2600年の提灯行列を行った記憶があるそうですから、
    大体の計算でも、現在は、紀元2670年くらい。
    それよりもちょっと古いとなると、
    お灯祭りは2675年くらい前が、その起こりという推測がたてられます。

    まぁ、あくまでも推測であり、神代の時代の言い伝えなので正しくはないでしょうが、
    日本最古の祭りの部類に入るのではないでしょうか?

    今日は、2,3日前に比べてとても冷え込んでいます。
    皆さん、怪我の無いように、たのむでぇ〜!!
    | ひとりごと | 14:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.kumanoushi.com/trackback/1436702