SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

店長の独り言

下岡精肉店の店長が独りごちる牛のこと、日常のこと・・・
<< 直りました | main | ここでも弘法大師 >>
霜降り具合
0
     牛肉の善し悪しを決める大きなポイントは、
    言わずと知れた「霜降り具合」

    先ずは、去勢牛



    次に、ちょっとピンぼけ気味ですが、メス。

     牛肉は、練って作るモノではありませんので、
    当然ながら同じモノは二頭とありませんが、
    今回の写真を比べると、去勢牛の方が霜降りの度合いが強く、
    美味しそうに見えます。
    が、手触りや、脂の質から言うと、
    メスの方が旨そうな雰囲気があります。

    最近では、ヘルシー指向からか、
    あまり、極端な霜降りは敬遠されがちで、
    ロース部位がびっしりと霜降りな品物よりも、
    モモ肉にも、適度な霜降りになっている品物の方が好まれるようになった気がします。

    肉の価値にも、
    時代に応じた、流行があるようです。

    | ひとりごと | 14:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    トラックバック機能は終了しました。